読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとかやってます

4歳娘「おねい」の育児をしながら、ジャニーズWESTにうつつを抜かしている人妻の日常

ヒジ掛け争奪戦

あれやこれや

新幹線で帰省しました。

で!

問題発生。

3列シートの真ん中に座ったのが運の尽きなんですけど、案の定ヒジ掛け争奪戦に巻き込まれました。

 

①窓側のオッさんはすでに座っていた

②通路側のオッさんは次の駅から乗車

 

①のオッさんは真ん中の肘掛けをずっと占領して寝ている上、ヒジ掛けに置いたヒジをこちら側に出してきているので、遠慮なくヒジにガシガシ当ててやりました。別にヒジ掛けを使いたいワケじゃないけど、境界線越えてくんな! オッさんは、度々起こされた腹いせにため息をついていたけれど、安眠なんかさせねーよ! 窓側のヒジ掛け使えよ!  って、こっちも存分に舌打ちしてやりましたわ。負けねーよ。

 

②私が乗車した次の駅から乗ってきた通路側のオッさんも、真ん中のヒジ掛けを占領して狸寝入りしてきました。この時、私は窓側オッさんと一戦交えた後だったので、怒りはMAX。充分にあったまってた。そんな状態での通路側オッさんの行動に、てめーもかよ! オマエは通路側のヒジ掛け使ってりゃいいんだよ! って感じで舌打ちと小声で「ふざけんなよ」のエンドレス唱和。途中で一瞬、通路側オッさんがヒジ掛けからヒジをずらした隙に、見事奪取成功。オッさんは「あっ」って感じでしたけど、あとーのまつーりよー♪ その後はこちらもテコでも動かしませんでしたわ。おほほほほ〜っ。

 

別にヒジ掛けを使いたいワケじゃないけど、①のオッさんみたいに、ヒジ掛けを越えてくるのはありえない。こっちもガシガシ当ててるんだから気づけよ!って思うけど、気づかないんだろうな。基本的にそんな時には「こいつ、気が利かないから、モテないし仕事もできないんだろーな」って思って溜飲を下げてる。