なんとかやってます

4歳娘「おねい」の育児をしながら、ジャニーズWESTにうつつを抜かしている人妻の日常

わたくしが「H◎V」を支持する理由

昨日はジャニーズWESTのアルバム『なうぇすと』&ライブDVD『ラッキィ7』の発売日。ここだけの話、私は家庭内隠れじゃにおたなので、A◎a◎o◎の配送サービスなど使わずに、地道に予約をして取りに行ってます。夫が突然に有給をとったりするので、休みの時に『なうぇすと』が届いちゃったりすると、非常にマズイわけ。

で、これまでは結婚前からの惰性で、特に理由もなく「◎◎◎◎」で買っていたんですけど、自分は年齢を重ねるのに、推しグループはどんどん若返っていくので、受け取るときのやりとりがだんだんと恥ずかしくなってきていたんですね。というのも「◎◎◎◎」って、受け取るときに商品名とアーティストと予約した人の名前を言わすの!レジ前で!

 

どんな羞恥プレイよ…。

 

私は人前で(例えば今回だとすれば)「ジャニーズWESTの『なうぇすと』と『ラッキィ7』のDVDを予約した◎◎◎◎です」なんて、ぜぇったいに言いたくないの!!! 

 

そんな趣味はねぇ!

 

何回かそんな羞恥プレイを強制されて「こりゃ、◎◎◎◎ダメだな」と、試しに「H◎V」に変更したワケですね。※もしかすると、私が利用していた「◎◎◎◎」(◎◎◎店)だけかもしれないのですけど、当時の私は「坊主にくけりゃ袈裟まで憎し」ってことで、「◎◎◎◎」斬りを決行したのです。

 

で、気になる「H◎V」のオペレーションは以下の通りです。

①店員さんに予約番号を告げる

②店員さんが端末で確認し、黙ってうなづく

※ここ大事!「ジャニーズWESTの『なうぇすと』と『ラッキィ7』のDVDのご予約分ですね?」などと声に出さないし、ましてや私に「ご予約の商品名は?」などと尋ね、「ジャニーズWESTの『なうぇすと』と『ラッキィ7』のDVD」などと言わせる羞恥プレイはしない。

③粛々と商品を持ってくる

④おもむろに私に見せる

ここでも、後ろのヒトにはあまり見えないように、低い位置で商品を提示←よおーしよおーし! H◎V(◎◎店)のちょっとポッチャリ目の男子スタッフ、できる子!

⑤「こちらの(「ジャニーズWESTの『なうぇすと』の)初回盤と、こちら(『ラッキィ7』)の初回盤のDVDですね?」と、商品名を言わずに確認する

⑥ポッチャリくん、再度確認する

※今回、ご購入されたジャス民さんたちはご存知だと思いますが、アルバム初回+DVD(Blu-ray)初回だとパスケースの特典がつくんですよね。でも、私は予約が遅かったためにパスケースはつかなかったんです。なので、そのぽっちゃりくんは本当に特典がつかなくてもいいのかな?って思ったみたいで、何度も確認をしてくれたようです。何でも「店長に、今回のジャニーズWESTの組み合わせって、いろんなパターンがあるので絶対に間違えるな!って言われていて。だから、何度も確認しないといけないんです。お待たせしてすみません。ええと、通常盤じゃないんで缶バッジもつきませんけど…」

いーよいーよ! ぜんぜんいーよ、ぽっちゃりくんよ! 職務全う、大いに結構!!基本的に私は特典グッズいらないヒトだし。 

⑦会計の時に「お子様連れなので5%オフです」と。ラッキー♡

⑧「確認でお待たせしてすみません」と商品を渡され、ふと袋を見るとセクゾーパイセンたちのお顔が。そーちゃん推しの友だちに渡したいなーと思い「袋、1枚いただけますか?」とずうずうしいお願いをしたら「お待たせしちゃったので、2枚どうぞ」と。ぽっちゃりくん、今後もわたしは「H◎V」で予約をするよ!…って顛末です。

単純ですけど、購入する時のストレスが解消されてホントに嬉しい。