なんとかやってます

ジャニーズWESTとか子育てとか

もうすぐ父が亡くなります

今週のお題「おとうさん」

 

寂しいとか悲しいとか、それは母に任せて葬儀の相見積もりをとる日々。葬儀後に控えているまともじゃない父方親戚や菩提寺とのイザコザも私の担当。付け焼き刃の聞きかじり民法で、どこまで太刀打ちできるかわからないけどやるしかない。

 

仲の良い父娘ではなかった。というか、中学くらいからまともに口もきいてない。父は簡単に言えば、よくある例の世代のオジさん。

なまじある程度の学歴があるからか、実行力はないもののプライドだけは高い、小心者の口だけ番長。本当は人見知りだけれど、酒を飲んで話すと気が大きくなれるから飲むのは好き。いつも偉そうで人の言い分など聞かず、すぐ怒鳴る、二言目どころか一言目から…まあ、ムスメから嫌われる父親、もとい女から嫌われる男のテンプレみたいな人。

父の人生は側から見る限り、そんなに運も良くなかったようだけど、唯一かつ、最大のアタリは母と結婚したことかもしれない。食事も排泄もままならなくなった今でも優しくしてもらえてよかったね。「きちんとお父さんを看取らなかったら、私が後悔するから」と話す母。暴力こそなかったものの、ほぼ毎日、怒鳴られて理不尽なキレ方をされ、それでもなお、優しくできるのは純粋に凄いと思う。でも、それを「素晴らしい理想の夫婦の姿」と美化する気持ちはさらさらない。父がこんな状態でも、私には母の気持ちが全く理解できないから。

 

なくなる間際だからと言って、簡単に父を許したり悲しがったりするのは子供時代の自分に申し訳ないから、きっと父を嫌ったまま最期の時を迎えると思う。

もしかすると、父が亡くなってから優しく見送らなかったこと後悔するかもしれないけれど、反発しながら見送るのも、それはそれでいい。最後まで分かり合えなかった「父と私」らしくていい。

 

 

 

 

 

口うるさい小学生女子

いるよねー!

◯◯は◯◯じゃなきゃダメなんだよー!

って言う子。

 

おねい友達にもいて、いちいち言われるらしくこちらもイラッとしてます。

 

だって、

 

マジ、どーーーーーーーーーでもいい

ことばかり。こまけえよ。小姑かよ。幸楽かよ。橋田先生もビックリだよ。

 

小学生女子に無駄な正義感とかお姉さんぶりたいところがあるのはわかるけど、その程度がひどくて、正直ウザったい。

上手く返せないおねいにも困る。あんな面倒くさい子となんて仲良くしないでいいんだけどなぁ。

 

それにしても、幼稚園にもいたけど、こういう子は、だいたい

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

なんだよなぁ(文字数は適当)。

 

チラッと友達に話したらかなり同意された。

おそらく、みんな口には出さないけれど、ほとんどのお母さんが思ってることだと思うので、幼稚園以上のお母さんであれば、心の中に浮かんだこと…ソレ! 当たってますよ!

 

まぁ、大人になってもこういった「自称風紀委員会」オンナは多い。基本的にヒマなんだろうけど、こういった「他人を正すことに快感を感じる」性格は、もしかしたら幼少期から変わらないのかも。

 

ただ、これは「べき論」の人ということだから、本人自身が実は1番キツい状態。つまり「◯◯すべき」「◯◯するのが当たり前」という無意識の思考に縛られてしまっているということ。幼少期〜学童期は他人が面倒くさい被害を受ける程度で事足りるけれど、思春期くらいから自分の呪縛から逃れられなくなってくる。

傾向としては、その母親も「べき論」を持つパターンが多いかも。環境遺伝でその思考が当たり前になる感じ。当たり前というか、ほとんど刷り込みだよなぁ…いや、本当に怖い。

 

おねいには「他の子とも遊んでいいんだよ(その子とだけ遊ばなくてもいい)」とは伝えてあるけれど、「べき論」の子は執着型だから面倒だ。自己肯定力が低いから、自分の意見を反映させてくれる子の姿を見るのは、似非の肯定力を得られることで離れたくない。でも、口うるさいから心からは好かれない。負のスパイラル。

 

追ったら逃げられるってことでもあるねぇ。もしくは、北風と太陽。

 

 

 

 

 

七五三前撮りに行ってきたオバちゃん

おねいの七五三の前撮りをしてきました。

◯◯◯の◯○◯です。◯◯◯とは言え、そんなに種類がないというか「え、このデザイン…? え?」というものが多かったので、ドレスは3着でおさまりました。

まぁ、着るだけタダなんで何着着たところでいいんですけど、とにかく

 

待ち時間がしんどい

 

これに限るよね。

撮影の待ちで疲れるとか、生意気にもステージママみたいなこと言ってますけどホントに疲れた。あまりにも疲れすぎて

 

最後は言われるがままに、いい値段のセットを購入。

 

てかさ、これ絶対に狙いだと思う。子供の撮影に付き合って疲弊した親に高いセット買わせるヤツ!

 

大体、待ちのソファーにセットの説明書パンフみたいなまのは一切無いわけ。待ちながらセットを決められないのね。

疲れた頭に子供の写真を山ほど見せられて、

もうこっちは早く帰りたいし、でも、もちろんいい写真はえらびたいから、正直、めんどくさくなって「あー、もうこの写真もこの写真も入れてくださいッ!」と言って、ついつい購入してしまうワケですよ。なんか怪しい新興宗教チックよね。帰りたいなら宗教入れ的なね。

なので、

 

最終的には予算の倍の金額になりました。

 

ま、買ったワタシが悪いんですけどね。

 

 

 

それから余談ですけど…

わたし、ただのオバちゃんでした。

何がって? 写真よ写真! 見てビックリ!

別に若く見えると思っているワケでもないですし、年相応でいいんです。美魔女に憧れてもないし。

が、おそらく、意識の中の「年相応」と現実の容姿の「年相応」のギャップがかなりあるんだな、コレ。

自撮りに慣れてしまうと危険ですね、本当に。

「このガタイのいいオバちゃん誰?」

 

って、

 

アタシだよ!

 

にしおかすみこにもなるというもの。

 

テレビに映る同世代オバちゃんのインタビューを見て「え、この人同い年? 老けてんなぁ〜」なんて生意気なこと言っててすみません。私も変わらない…どころか、本当にまずいわコレ。ほのかに外出恐怖症気味。

続・この世は鬼ばかり

相変わらず不審者が情報出まくりでイラつく。世の中は変な男ばかり。特にこの辺りに多いのが中高年ジジイ不審者。田舎ならではなのかな。

 

 

この世は鬼ばかり

3ヶ月前位に、Y!mapに登録しまして。

近隣の不審者情報がわかるんですけど、

 

世の中には犯罪予備軍が多すぎ!

 

幸いに、居住地区は殆どないけれど、周囲の隣接市ではほぼ毎日、不審者情報あり。

それも子供に対する声掛けや露出など。

大体が30代〜40代男性。初老男性も多い。

 

てめーらなにやってんだよ! 情けない! 大の大人が非力な子ども相手に卑怯すぎ! というか、卑怯だから、そんなことしかできないんだろ?

 

と、毎日イライラ。

世の中はこんなやつらばかりなんだと思うと、おちおち子供を外に出せない。

それも、暗くなってからの時間や人気のないところなどではなく、通学下校時間帯に通学路や住宅地で頻発しているので、たまたま運が悪く遭遇してしまったでは済まされないというか。でも、子供を24時間見ている訳にもいかないし…本当に腹立たしい。

 

個人的には街中へのカメラ設置は大歓迎。私は見られて困るようなことはしていないので、全く構わない。どんどんやってほしい。

 

もちろん、子供には世の中にはどうしようもないウ●コみたいなヤツらがいることをしっかりと教えることも必須。他人を信用できないなんて…とか言ってる場合じゃない。信用に値しない人間を信用する必要は全くない。

 

正直なところ、おねいには「とにかく、お兄さん・おじさん・おじいさんには気をつけろ」と言いきかせている。近所のおじさんも信用するなと。実際、知らない人より知っている人の方が危険なんだよ。明るみにはならないけど、友だちのお父さんがそのパターンって、めちゃくちゃ多いみたいだし。かくれんぼはNGワード。友だちのお父さんもおじいちゃんも、絶対に信用しちゃダメ!!  逆に、もしも、おねいのお友達がウチの夫を警戒していたら、めっちゃ教育が行き届いている!賢い子!と見るなぁ。

 

今の時代、特に母親の中には他人を信用するな、と教えることに抵抗を感じない人は多いのでは。事件になってからでは遅いし、日本は「された方が悪い・被害者が悪い」と考える人が多いから、二次被害も恐ろしい。

 

それにしても、どうにか取り締まれないものかね。声掛けをしただけでも厳罰化してほしい!

VIVA! ブラックなわたくし♡

最近、モヤモヤしていることを吐き出します。

 

たまに知人の娘さんと出掛けることがあるのですが、この子がまぁ、

 

 

「ありがとう 」「ごちそうさま」が言えない子。

 

 

それも、幼稚園児やら小学校の低学年ではなく中2よ、中学2年生!

お年頃だから思春期で恥ずかしいのかしらん? (いわゆる厨二病? ヤバイ小説書いてるらしいし)とも思ったけれど、学校のことや家族のこと、好きな芸能人のことなどなど「ありがとう」「ごちそうさま」以外のことはメチャクチャ話してくれるので、壁があるというワケでもなさそう…。

 

だだ、こちらは大人であちらは子どもなので、成り行き上ごはん分や足代を持つなど、なんやかや「ありがとう」「ごちそうさま」を言われるシチュエーションが多く、彼女が全くそれを口にしないことが気になってしまって。

 

こちらとしては感謝されるためにしているわけではないし、恩を売りたい訳でもないけれど、せめてねぇ…と。自分は相手に関係なく、単純に言わないことの方がムズムズして気持ちが悪いので余計に。

 

そして「親がありがとうを言わないから、子どもも言えない」というパターンではないのです。知人はちゃんと言える人だから本当に謎。

 

まぁ、わたしが勝手に負担しているから、わたしが悪いと言われればそれまでの話なんですけどね。そして「あなたの娘さんは、ありがとうを言うべき場で言えないですよ」と知人に言うつもりもないですし。

 

でも、私は今後一切彼女と出掛けるつもりはありませ〜ん。そうやって人はフェードアウトしていく、ということです。何も言わずに離れていく、ということです。

おそらく、彼女はずっとそのままでしょう。大人になっても「ありがとう」が言えない人のまんまでしょう。人生でえらい損すると思いますけど、わたしはあえて指摘しませ〜ん。教えてあげないよ。そういうところ、メチャクチャ意地悪なんだ〜、うふ♡

 

まぁ、彼女としてもオバちゃんとなんて出掛けたくなかったのかもしれないしー。私はワケわかんない子と会ってモヤモヤしなくていいしー、だったら、結果、win-winでいーんじゃないんですかー?  

 

他人の子どもがどうなろうと、知ったこっちゃねーし!

 

ただただ、おねい(6歳)このとは、きちんと「ありがとう」「ごちそうさま」を言える人間にしようと心に誓いました。だかが「ありがとう」、されど「ありがとう」。その一言を言い惜しんだだけで損をする、人が離れてゆく、人間性も疑われる…それが身にしみてわかっただけでもよしとし、溜飲を下げることにします。

 

 

 

「WESTV!」ジャニーズなのにトンチキ衣装が無かった

ということで、参戦してまいりました「WESTV!」。

※あ、ネタバレです。

 

 

 

とにかく

 

 

衣装がいい!

 

 

いや、いいとこたくさんあるんです今回のライブ。セトリもよいですしコントもよいです。もちろんメンバーが良いのは大前提で。

 

が!

 

もし一つだけと言われたら、わたくしは衣装を挙げます。推しは衣装と言っても過言ではありません。

WESTに限らず、ジャニーズのライブには「誰がこんなん着させて良いって言った? あぁん?」という、トンデモ衣装がつきものです。むしろ、カッコイイ衣装は1ツアーにつき1着が関の山だったりすることも常で。

 

が!今回はハズレがありせん。むしろ、

 

 

全部アタリじゃね?

 

 

まずは、界隈で話題をかっさらっている「愛の奴隷」。

 

 

良くないワケがない

 

 

いわゆるT.M.Revolutionさんを彷彿とさせる衣装ですね。SEXYというレベルではなく卑猥かつ猥褻という、いわば犯罪レベル。人間が潜在意識の奥の奥に閉じこめているイケナイ感情を引きずり出されたような感。見ちゃいけないものを目にした感。軽くショッキングですし、個人的には倒錯感満載でおかしくなりそうでした。まぁ、もともとおかしいからいいですけど。

 

そして、何より特筆すべきなのは、【個人的衣装ベスト3】である

・王子

・和装

・軍服

が揃ったこと!! 三つ巴! 三つ子の魂百まで!

この3つが1つのステージで見られる!それもジャニーズWESTで!

 

それもそれも、

 

和装はノースリ!!

 

大事な事なので、もういちど言います、

 

和装はノースリ!!

 

これが、7000円で拝めるんですよ。お金の価値って何でしょうね。ヲタさんがよく、ライブやらグッズやらにかける費用を、キモチ的リターンが大きいことから「実質タダ」と表現することがありますけど、わたくし、タダどころか

 

1000万円もらった

 

感さえあります。7000円の元手で1000万円を手にするようなものです。こんな割りの良いギャンブル他にありますか?

 

ありません!

 

そうです。ないんです!でも、合法なんです!

 

いーーーんです!

 

 

早速、ボロ儲けギャンブルのリターン1000万円の内訳に参りましょう(あくまで私の中の個人比)。まず前出の「愛の奴隷」衣装が200万円。

 

そして、三つ巴の1つ、王子衣装も200万円。これはりゅせじゅんお兄ちゃんガチャからの「100% I LOVE YOU」で拝める

 

 

ぴんくのおおじさまたち

 

 

やれコントや、西のノリや、おもろいあんちゃんたちや、なんやかや言うてますけどね、言うてもジャニーズなんですわ。と、ついつい関西弁でドヤりたくなるくらいの王道ぶり。

おジャンプちゃんやsexyパイセン、きんぷりちゃんあたりが得意なセクションですけど、いやいやなんの。ジャニーズWESTもバッチリ似合ってる。

 

 

やれば出来る子たちなんです!

 

 

ちなみに、メンバーそれぞれにディティールが違っているので、比較する楽しみも。ライブ中は担当さんかぶりつきでしょうからDVDが出てからでもオッケー…少なくともわたくしはお目当て以外の方を見る余裕がなかった。

 

 

残る600万円のうち250万は

 

和装ノースリ

 

こちらはメンバーカラーを地に煌びやかなデザインとなっております。和装ノースリスタイルはJr.くんたちの衣装でもありそうで既視感(赤+黒+金の和装黄金パターン)。三味線ブギや千年メドレーで着そうです。太鼓パフォーマンスグループの方々イメージもありますね。ただ、柄がゴージャスなので、デビュー組の「お誂え」もの感満載。メンバーごとに柄が異なるので、こちらも比較をお楽しみくださいませ。

 

そして何より…

 

 

にーのーうーでー!!

 

 

ニノの腕じゃないですよ、二の腕!

 

あの〜、藤井さんの二の腕って天才ですよね? 個人的に筋肉の上にうっすら脂肪が乗っている二の腕が大好物なんですけど、あれは確実に甘噛み案件でした。癖に刺さるとはこのことよ…。

 

 

で、残るうちの300万円は

 

 

軍服WEST!

 

 

これはヤバいです。何がヤバイって、これで「YSSB」を歌うんですよ!

 

 

昇天

 

 

一時期、軍服をモチーフにした衣装や、軍服をカッコよく見せることに対して、戦争礼讃になるからけしからん!みたいな風潮がありませんでした? もともとは、ナチの軍服をもじって女子ドルの衣装にしたことから始まったような気がするのですが、定かでなくてすみません。

なので、個人的には軍服好きなんですけど、エンターテインメント的にはタブーなのかな、と勝手に思ってたんですよねー。

私が初めて軍服ジャニーズ萌えしたのはキンキさん。マイケル・ジャクソンも着用していたし。そもそも軍服って「兵隊さんカッコイイ」という憧れや支持を集めるためにカッコ良くデザインされている、と聞いたことがあって。だったら、軍服萌えってフツーの感覚なのでは?と思った記憶が。

そんな経緯もあり、今回の軍服WESTにはいたく感動したわたくし。

 

黒?濃カーキ?のタイトめな軍服にファーのついたロングジャケットを纏っているんですよ!←正確さは保証しかねます。だいたいの雰囲気でお楽しみください。

タイトな軍服の生地は硬めではなく、柔らかめテロ地っぽくて、肉感がモロに出るのがたまらんです。まぁ、触ってないのでわかりませんけど、見た感じ。

 

そして何がイイって、

 

とにかく、ちあんわるい。

 

規律が厳しい軍での日々で溜まった鬱憤を晴らしに、オネーちゃんを漁りに来た感満載です。最高です。

 

また、私が見た時は藤井さん、小瀧さん、確か神山さんあたりがグラサンをかけていまして、

 

マッカーサー元帥!

 

 

もしくは

 

 

トップガン

 

みたいな。いや、マッカーサートップガンも治安悪くないんだけど、そのあたりがゴッチャになるくらい、軍服ルックのひな形って言うの? ちあんわるいカッコ良さって言うの? そのあたりのイズムみたいなのがダダ漏れで突き抜けてた。

 

残りの50万円がその他衣装です。〆て1000万ナリ。チャリンチャリーン¥

年始早々、縁起良し。ありがとうございました。